【コンフィデンスマンJP プリンセス編】 / 未知の窓(ジョハリ)を開くダー子

コンフィデンスマンJPから人生の真髄を探るシリーズ!

 

【前回の記事はこちらです】

【コンフィデンスマンJP プリンセス編】才能か血筋か、救いの鍵は「ウソ」

ダー子(長澤まさみ)は、天才的な頭脳と抜群の集中力で、どれほど難解な専門知識も短期間でマスターしてしまうコンフィデンスウーマン=信用詐欺師。高級ホテルのスイートルームに居を構える、破天荒な上に天然で、いい加減なところもある女性だ。
そんなダー子と組んでいるのは、お人よしで小心者ゆえにいつもダー子に振り回され、早く詐欺師稼業から足を洗って真っ当に生きたいと願っているボクちゃん(東出昌大)と、超一流の変装技術を持ち、生まれながらの品の良さを生かして相手を騙すリチャード(小日向文世)だ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンフィデンスマンJP プリンセス編 豪華版 [ 長澤まさみ ]
価格:5984円(税込、送料無料) (2022/7/17時点)

 

 

完ぺきではないからこそ、実に面白い

ダー子の作戦は、完ぺきではない。

だが、ダー子は、計画の完璧な遂行を求めているわけではない。

*完璧の語源は、中国の戦国時代だ。
「璧(へき)」は平らで中央に孔のあいた宝玉のことで、完璧は「傷のない玉」が本来の意味となる。中国の戦国時代、趙の国にあった「和氏の璧(かしのへき)」と呼ばれる立派な璧を、秦の国王 昭王(しょうおう)が欲しくなって、「秦の15の城と交換したい」と申し出た。

計画に多少ズレがあろうが、面白ければいいのかもしれない。

よく、会社や学校に、「計画の遂行」に囚われて、本来の目的を忘れる人がいる。反面教師だ。

本質を見抜く力、コンセプチュアルスキルを身に着けよう!

 

ダー子は、フウ家という「危険なところからすぐに逃げ出す」というプランを書き換えて、

「このまま滞在し続けて、4か月後のパーティーで後継者の証である`玉璽`を奪う。そして玉璽を手に入れてから脱走。それを闇マーケットで売りさばく」作戦に変更した。

はっきり言って、この作戦は博打だと思った。
「偽物」のプリンセスとして、4か月間フウ家に滞在する。

画像1を拡大表示

その間に、「本物」の子3人の子供たちはあの手この手で、「偽物」を妨害し、命を狙ってくる。

本当は逃げることができた。

しかし、ミシェル・フウ(コックリ)が、おじいさんとぶつかったトラブルによって、逃げるタイミングを失ってしまったのだ。

その偶然の産物をダー子は責めない。

なら仕方ない、と次のプランを考える。

その切り替えの早さこそが、ダー子の武器だ。

仕事も一緒だ。

ミスを引きずっても仕方がない。

次の一手、次の一手を常に考える。

 

 

キャラの無駄遣いをしない。

今作では、ドラマ版や前作の映画で登場した数多くのキャラクターたちが登場した。

劇中の登場人物は、その状態を「詐欺師総集合」と表現していただろうか。

竹内結子、広末涼子、江口洋介…

画像2を拡大表示

誰もが意味のある行動をしていた。
物語のひとつひとつに、伏線があったのだ。

さらに、今回の物語で良かった点がある。
それは、憎悪や復讐心といった、負の感情が少なかったことだ。

それはやはり、コックリの活躍が大きいだろう。

彼女は、欲も悪意もない純粋な心で、欲や権力にまみれた人たちの心を溶かしていった。

その点、コックリを利用しようとしたダー子は、生粋の詐欺師だ。

ターゲットを騙すためのビジュアルの七変化。

まさにルパン三世顔負け。

【ルパン三世】プリズン・オブ・ザ・パスト から考える社会人の宿命と国家の未来

 

言語やいろんな技術の習得といったスペックだけではない。

隠している本音、諦めた夢への想いや、譲れないこだわりなど、人の心の奥底の大事な部分に気が付く。
ジョハリの窓でいうところの、未知の窓だ。

その窓を「詐欺」という手口で上手に開かせることができる。

それがダー子という詐欺師だ。

この物語は、騙された人物たちが、どこか満足しているのだ。

半沢直樹など、池井戸潤作品との違いだ。

 

池井戸潤作品においては、やられた方は、常にキレている。

だから復讐の応酬が終わらない。

「やられたらやり返す。倍返しだ」

もちろんそれがおもしろいのだが、それでは怒りの連鎖は終わらない。

ダー子は違う。

違法な手段で人を騙すが、あの人は騙されて良かったなあ、というところに着地するので、詐欺師なのに悪い奴に思えないのだ。

ダー子に騙された人物は、ダー子を恨まない。
いや、恨んでいるように見えても、本当は満足している。

赤星なんて、もうマゾヒズムの境地を極めている可能性がある。

 

だから、ダー子たちは悪いやつらには見えない。

だだ、ダー子たちのような信用詐欺師は本当に珍しい人種だ。

だから、コックリのような純粋な少女は、詐欺師には向かない。

ダー子が映画のラストシーンで、コックリに「あんたはフウ家の当主として生きていきなさい。あたしたちはもうあなたとは別の道を行く」と言った言葉にその思いが込められている。

画像3を拡大表示

まさにルパンとクラリスじゃないか。カリオストロの城に似ている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルパン三世 カリオストロの城 [ 山田康雄 ]
価格:3825円(税込、送料無料) (2022/7/17時点)

 

 

 

コンフィデンスマンJPシリーズの脚本を書いたのは、

脚本家・古沢良太さん。

彼の頭は複雑な回路でできているのか。

張り巡らせれる伏線、どんでん返しにつぐどんでん返し

期待を裏切らない傑作。

終盤で映像が巻き戻されて真相が次々と明らかになっていく場面。

コンフィデンスマンたちの「騙し」も巧妙、練りに練られた展開と仕掛けで、そういうことか、と唸ってしまう。

「この人がここでこういう役回りをしてたのか!」「ここでこういうふうにやったと見せかけて、実はこうだったのか!」
驚きと発見の連続。

さらに今回の映画は予算が莫大なようだった。

煌びやかな画。

画像4を拡大表示

長澤まさみ様。最高

資産10兆円の大富豪が残した遺産を狙うという設定にあわせるように、シンガポールの超リッチな邸宅、マレーシアのリゾート地での華麗なパーティ。
贅の限りを尽くした演出。このスケール感の撮影を、俺もいつかやってみたい、なんて思ってしまった。さすが、劇場版!

コンフィデンスマンJPの良さを際立たせた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンフィデンスマンJP DVD BOX [ 長澤まさみ ]
価格:16720円(税込、送料無料) (2022/7/17時点)

 

 

ただひとつ、物足りない点を挙げるならば。

派手な戦闘シーンが欲しかった。
ドンパチが見たかった…

コンフィデンスマンJP プリンセス編
監督:田中亮
脚本:吉沢良太
主題歌:Official髭男dism
出演は長澤まさみ・東出昌大・小手伸也・小日向文世・関水渚・柴田恭兵・北大路欣也・竹内結子・三浦春馬・ビビアン・スー、広末涼子・江口洋介・白濱亜嵐・古川雄大ら

マレーシアの旅。クアラルンプール、ランカウイ島の美しい景色、豪華なホテル、猥雑なバザール、美しい海。

前作ロマンス編を超える、素晴らしい映画だった。

 

「計画の遂行」に囚われて、本来の目的を忘れず真に成すべきことに集中しよう!と気持ちを新たにした。

 

※前回のコンフィデンスマンJPの解説記事はこちら!

【コンフィデンスマンJP 運勢編】ピンチはチャンス!敢えてどん底を作って、完全復活!!

【コンフィデンスマンJP プリンセス編】才能か血筋か、救いの鍵は「ウソ」

 

【貴重な時間を使って読んでいただき、誠にありがとうございました!】

当ブログ「徒然道草」は、「人生はRPGゲームだ。喜劇も悲劇も道中を楽しむ。すべてをエンタメに昇華しおもしろい世の中にしていきましょう!」という意気込みで運営しております。

令和のこち亀をモットーに、コメディ、サブカル、お仕事、雑学、ノウハウ、自己啓発など様々な内容を毎週日曜日に投稿中!また、小説家として電子書籍も出版しています。

「学歴、年収、結果、出世、結婚…」 常識や世間体、既定路線の資本主義競争、かつての私はそんな結果だけにこだわっていました。そんな中、とある退職が転機になり、人生観が180度変わります。 「やらなきゃいけない!」なんてない。

「おもしろくなき世をおもしろく!」

 

【姉妹サイト】

【クリプト≒フリプト】投資情報メディア- 「経済的自由を得て、充実した人生を送る人が増える」ための情報を発信しています。道中を楽しむためには資金やお金の心配をなくしてしまいましょう。クリプト≒フリプトでは資産を増やすための方法を発信しています。

【俺たちバグジー親衛隊】エルチー32丁!電車でオッサンにタコ殴られ!高校生の青春劇

 

※当ブログのドメインは「お名前.com」で取得しています。


自由人ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村